ホーム : 林鷹央の生きもの図鑑
最近の記事
カテゴリ
検索ボックス
 
過去ログ

ログイン

2009年05月01日

ハクセキレイ、セグロセキレイ、キセキレイ

2009_5haku.jpg
ハクセキレイ
2009_5seguro.jpg
セグロセキレイ
2009_5kisekirei.jpg
キセキレイ
 鳥と言えば空を飛ぶ姿を思い浮かべますが、田んぼを所狭しと歩き回る鳥がいます。
セキレイの仲間です。
一番よく見かけるのがハクセキレイ。
街の中や、学校の校庭、冬にカラカラに乾いてしまうような基盤整備された田んぼでも見られます。
素早く歩きながら尾羽を上下にピコピコと動かします。
チチチッと泣きながらヒヨドリのように波打って飛ぶので、すぐに分かります。

 パット見では分からない紛らわしい鳥がセグロセキレイ。
顔の黒い部分の割合が違うので写真を良く見てくださいね!
でもこちらはなかなか見られません。
水辺が好きなようで、近年田んぼから姿を消しつつある鳥です。
しかし1年中水をはってある冬水田んぼに行くと見ることが出来ます。
鳴き声がハクセキレイより濁っているので、人に気付いて飛び立つときの声を聴けば分かります。

 さらにキセキレイというのもいます。
喉から腹、お尻にかけて黄色が入っているのですぐに見分けが付きます。
ハクセキレイ、セグロセキレイとも2羽以上で見ることが多いのですが、縄張り意識が強いキセキレイは大抵1羽でいます。
また、流れのある水路や小川も好むようです。
ですから人間の都合のみで水路の水が止められ、カラカラに乾いた基盤整備された田んぼではまず見ることはないでしょう。

 花まる農家の田んぼで3種が見られるのは栃木県にある水口博さんの田んぼ。
今度訪ねたときは是非セキレイの仲間たちにも眼差しを向けてみてください。


posted by hayashi at 00:00| 田んぼの生きもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。